PRODUCTS製品案内

カテゴリー遠隔監視機器

LTE通信モジュール(KYM11)
搭載遠隔監視装置「DMA-T2K」

LTE通信モジュール(KYM11)を搭載!
DMA-T2Kは接点入力10CH、アナログ入力4CH、制御出力2CHの遠隔監視制御装置です。
KDDIのM2Mクラウドサービス(entryプラン)、IoTクラウドstandard(Loggerコース)に対応!

  • 設備の故障や停電監視に!

  • 道路の冠水監視に!

  • 水位や流量の計測に!

  • 電力量の計測に!

  • 遠隔からのON、OFFに!

  • KDDIのLTE網を利用します。

  • 接点入力ポートはパルスカウント入力としても使用できます。

  • 接点状態監視はONおよびOFF時に通報をします。

  • アナログ状況監視は4-20mAまたは0-5Vの値をスケール変換し、指定のタイミングで通報します。

  • アナログ入力の上限および下限で警報を送信することもできます

  • 出力制御は遠隔からコマンドを受信することによりリレーが動作します。

  • KDDIのM2Mクラウドサービスに対応。詳しくはこちら。

  • KDDI IoTクラウドstandard(Loggerコース)に対応。詳しくはこちら。

モデル
DMA-T2K
電源
AC100V±10%(50/60Hz)
重量
520g
消費電力
20VA
外形寸法
200D×130W×38Hmm
ケース材質
ABS樹脂製
使用温度
0~50℃
使用湿度
25~85%RH
保存温度
0~60℃
接点入力
10チャンネル(パルスカウント入力も可能)
アナログ入力
4チャンネル
アナログ精度
10ビット
出力制御
リレー出力 2チャンネル
停電/復電検出
判定時間 設定により可変
据付確認機能
アンテナ感度確認
動作確認
送信テスト
エラー内容確認
LED表示モニタ
通報方式
無線通信(LTE)
通信方式
TCP/IP
通信リトライ
1~20回
時刻補正
自動補正(SNTP)
設定ツール
パソコン

LTE通信モジュールを搭載したコンパクトな遠隔監視装置です。
接点状態、アナログ入力値を監視/計測しLTEで送信します。